鳩は徹底的な対策をしないとすぐに戻ってきます

非常に面倒くさい鳩対策と清掃は業者に任せたほうが楽です

戻ってくるからといって自分で駆除するのは法律違反

いくら鳩対策を行っても鳩は戻り、糞や羽で散らかされると、いっそのこと元凶を仕留めてしまおうと思うかもしれませんが、それは最もやってはいけないことです。鳩を傷つけると、法律で罰される可能性があります。

鳥獣保護法が定められている

鳩はなんで勝手に駆除しちゃダメなの?
鳩は、鳥獣保護法という法律で保護されています。これは野生動物を勝手に狩猟し、生態系の乱れが発生するのを防ぐ法律です。これらは害獣や害鳥にも適用されるため、もし法律違反を犯した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。そのため、まずは市町村に駆除の申請を行い、許可を得ないと駆除はできないのです。ちなみに、巣の撤去は問題ありませんが、中に卵があったり雛が孵っていたりする場合は撤去できません。

誤った判断でも法律に違反していることもある

「傷つけなければいいのなら威嚇で追い払おう」と考え、箒で叩くふりをしたり、ハンドガンで威嚇射撃を行っても法律違反になります。なぜなら、これらの過剰な威嚇行為は鳩の生命を脅かす行為とされ、罰されるからです。そのため、自分で対策を行う時は法律違反にならないように侵入することを防ぐくらいしか有効な手段がないのです。

鳩対策をしたけど戻ってきた~そんな時こそ業者を頼ろう~

効果が見られないなら鳩駆除業者を頼ろう

上記の事から分かる通り、個人で行う鳩対策の手段はかなり限定されています。よって、少ない手段で工夫するよりも、業者に依頼して鳩対策を行ったほうが効果があります。また、業者に依頼すれば糞の掃除も殺菌消毒もしてくれますし、アフターサービスで鳩が再び来ないための予防処置をしてくれる場合もあります。

鳩対策業者は許可を取得しているので安心

鳩

鳩業者に依頼するメリットとして、面倒な申請を代行してくれるというものもあります。前述したように、鳩の駆除は市町村の申請が必要ですが、鳩駆除の業者は許可の取得や事務手続きの代行をしてくれるので、こちらは業者に依頼するだけであとは全て業者に丸投げすることができるのです。よって、鳩対策が非常に楽なのです。

TOPボタン